丹沢山

丹沢山  神奈川県川北町 川西屋酒造店
 
目指すは、食中酒

神奈川県、小田原市の北に位置する山北町にある
川西屋酒造店が醸す酒名丹沢山。
仕込水は、丹沢山の西を流れる酒匂川水系の伏流
水で、中硬水。
丹沢山
小田原城から丹沢山系を臨む
お酒の特徴は、飲み口やわらかく、含んだ時の
ひろがり、そして、余韻を残しながらの切れのよさ
でありますが、その秘密の1つは、味わいを引き出す
飲み口がやわらかく後がすーとひく、この蔵の水に
あると言えます。

最近は、食中酒としての日本酒を云々言われるように
なってましたが、この蔵が目指すのは、ずばり
その食中酒。


香りプンプンの吟醸酒の反対に位置するお酒で、
料理を引き立たせるように、控えめでいて、ワイン
のように存在感のある味わいが楽しめます。
お米の種類による味わいの違い 、 熟成方法での違い、
ビンテージもの、デカンタージュで のふくらみ具合、
ワイングラスでの楽しみ方などなど、
プラスして組み合わせていくと、いろいろ楽しめます。


料理との相性も、和食から、洋風のクリーミーな
クリーム ポタージュやブルーチーズにもあわすことができる
タイプ のお酒がご案内できます。


 
丹沢山と隆

さんまの刺身と丹沢山
なんと言っても蔵元の情熱と、たゆまぬ努力の姿勢が
ズンズンと伝わってきます。
しっかりとした蔵元のコンセ プトが、いいお酒を生み出すのだと、
蔵をお邪魔して痛感 しました。

奥深い日本酒の味わいを、みなさまにご案内できる酒蔵だと
心から感じました。
杉板で囲まれた麹室
杉板で囲まれた麹室

出番を待つ仕込みタンク

川西屋酒造店の商品一覧ページへ ⇒

ページトップへ